このページの本文へ移動

CELSIUS W580 製品詳細

ミニタワーモデル CELSIUS(セルシアス) W580 より速く、より強力に、最新の技術をフル投入。スピードとパワー、安定性を提供。

[注] 本製品には購入条件がございます。詳しくは、弊社営業または富士通販売パートナーまでお問い合わせください。

The most powerful Windows yet

スペック 製品の詳細な仕様を見る

カスタマイズ・構成確認、オンライン見積り・ご購入

W580(360W電源)
標準構成
カスタマイズ・構成確認、オンライン見積り・ご購入
W580(250W電源)
標準構成
カスタマイズ・構成確認、オンライン見積り・ご購入
(注)キーボードなしモデルの価格です。

第9世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載

インテル最新CPU「Intel® Xeon® E プロセッサー」を搭載

intel® XEON® inside™

グラフィックスカードNVIDIA® Quadro®シリーズ(Quadro RTX™ 4000、Quadro® P2200、Quadro® P620)を搭載可能

NVIDIA® Quadro®NVIDIA® Quadro®シリーズは、NVIDIA® CUDA® テクノロジーに対応したアプリケーションの処理を高速化し、より快適な業務環境を提供します。

USB 3.1(Gen2、Type-A/Type-C コネクタ)を標準搭載 標準装備

USB 3.0の2倍の最大データ転送速度を実現。

NVIDIA VR READY™ プログラム認定(注1)

最高のVR体験を提供できます。

(注1):Quadro RTX™ 4000搭載時。

拡張性はそのままに従来モデルW550の筐体と比べて約30%のコンパクト化を実現

インテル vPro®テクノロジー対応 カスタムメイド

注意:インテル vPro® テクノロジーの詳細は、インテル株式会社 新しいウィンドウで表示のサイトをご覧ください。
注意:Wシリーズに対応したvPro® アプリケーションについては、各アプリケーションメーカーへお問い合せください。
注意:カスタムメイドオプションでグラフィックスカードを選択した場合はインテル® AMTの一部の機能が使えなくなります。詳しくはインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー 新しいウィンドウで表示のページをご覧ください。

インテル vPro®ご紹介ページ

大容量ハードディスクを提供

1TBの大容量ハードディスクをカスタムメイドにて、最大2TBの大容量ハードディスクを別売オプションにて提供します。

ヘルスケアモデル対応

医療現場の業務に最適なモデル!

安心の理由

電磁妨害ノイズや静電気などへの耐性基準に適合

  • 医用電気機器向けのイミュニティ試験を実施しており、電磁妨害ノイズや静電気などへの耐性基準に適合しています。
  • パソコンを医用電気システムに組み込んで利用される際に、情報技術機器としての適合証明書を提供できます。
  • EIZO株式会社で、円滑な導入にむけた医用画像表示モニターの互換テストを実施しています。

安全・電波規格の成績書

医用電気機器電波規格:JIST0601-1-2:2012※(エミッションはCISPR22になります)、情報技術機器の安全規格:IEC60950-1、及び電波規格:CISPR22/CISPR24に対応。

(注)最新の安全/電波規格に予告なく変更する場合があります。

(注)適合証明書(安全規格および電波規格)に記載される型名は、W580(ヘルスケアモデル)については手配型名ではなく、MI6Wとなります。

対象モデル 適応環境 規格内容 規格名称
ヘルス
ケア
モデル
・ 医療事務
・ 電子カルテ
・ ナースステーション
・ 医用電気システムへの組み込み
情報技術機器を対象とした国際的な安全規格の試験を実施し、認証(CBレポート)を取得 IEC60950-1
外部から受ける電磁ノイズや静電気等による誤動作や故障を未然に防ぐよう、医用電気機器向けの高度なノイズ耐性の規格に適合 JIST0601-1-2
CISPR24
不要な電磁ノイズの発生により他の機器に影響を及ぼすことを防ぐため、ノイズ発生を抑制する規格に適合 CISPR22

抗菌キーボードと抗菌マウスを標準装備

  • 抗菌キーボードと抗菌マウスを標準装備、抗菌剤の働きにより細菌の増殖を抑え、医療現場や不特定多数が触れる環境での清潔さを保ちます。

おすすめ用途

医療現場やナースステーション

医用電子システムへ組み込む場合(ヘルスケアモデル)

不特定多数が触れる環境で使用する場合

EIZO株式会社で、円滑な導入にむけた医用画像表示モニターの互換テストを実施

ワークステーションとモニターが問題なく使えるか、豊富な経験とノウハウに裏付けられた専門的なテストを行い、互換性の検証確認をしています。
高い信頼性と確実な運用が求められる院内システムの円滑な導入を支援します。

EIZO株式会社

EIZO株式会社は、「Visual Technology Company」として、ビジネス、ヘルスケア、クリエイティブワーク、インダストリー市場に対して様々な映像ソリューションの開発・生産を行っています。なかでも、医用画像表示モニターRadiForceは、日本だけでなく世界中の多くの医療機関で利用されており、高いシェアを誇っています。
日本国内で開発・生産されたRadiForceは優れた信頼性と品質を備えており、富士通 CELSIUSシリーズと組み合わせることで、信頼性の高い総合的なシステムを医療現場に提供します。

左からEIZO本社(石川県)、製造工程、RadiForceとCELSIUSの互換性テスト中の画像

医用画像表示モニターRadiForceと互換性を検証したWS一覧

CELSIUS J550/2、CELSIUS J550、CELSIUS W550

EIZO株式会社において、CELSIUSとEIZOの医用画像表示モニターとの接続確認を公開しています。
EIZO株式会社のサイト新しいウィンドウで表示

安全・電波規格の成績書

情報技術機器の安全規格:IEC60950-1、電波規格:CISPR22/CISPR24に対応。
※適合証明書(安全規格および電波規格)に記載される型名はW580では、手配型名ではなく、MI5Wとなります。最新版の安全/電波規格に予告なく変更する場合があります。

メインメモリは高信頼なECC(注1)メモリを搭載

(注1)Error Checking and Correctionの略。メモリに発生したエラーを自動的に訂正する機能。

全てのハードディスク用ポートでSATA 6G対応

RAS(注)機能による高レベルの信頼性

ECCメモリを搭載し、エラー発生時にはデータを修復します。またファン回転状況や内部温度を監視します。

(注)RAS:Reliability(信頼性)、Availability(可用性)、Serviceability(保守性)

フラッシュメモリディスク(SSD)を512GBまで搭載可能 カスタムメイド

フラッシュメモリディスク(SSD:Solid State Drive)は数枚のフラッシュメモリを基板に組み合わせた記憶媒体です。SATAなどのハードディスクと同じ接続インターフェースを持ち、ハードディスクと同じように利用することが可能です。さらに、ハードディスクに比べ回転ディスクからデータを探し出す時間(シークタイム/サーチタイム)がないため、高速なデータ処理が可能です。また、可動部品がなく、静音かつ高信頼です。

活用シーン[オフィス]

PCで毎日行う一般業務から専門業務まで、ハイパフォーマンスで業務効率アップ。さらに、静音性が求められる業務環境にも最適です。

《一般業務》

  • OS起動/シャットダウン
  • オフィス用ソフト起動/シャットダウン
  • OSバックアップ
  • ウィルススキャン
  • ダウンロードなど

《専門業務》

  • 3D CAD
  • デザイン
  • データベースなど

フラッシュメモリディスク(SSD)の特長

静音性高信頼省電力

HDDと異なりモーターや磁気ヘッド、回転ディスクなどの機械的に駆動するパーツがないので、省電力かつ軽量、そして、振動や衝撃に強く高信頼です。また、ディスクを回転させるモーターが不要なため、SSD自体の動作音はありません。

SSDによる業務効率向上が企業全体の生産性向上に貢献

例)<200台のPCが稼動している企業や部品> ~従業員一人あたりの1日の業務効率が約20分間向上した場合~
従業員一人あたり、1日で20分間の業務効率が向上すると仮定して、従業員200人の場合、1年間で約16,667時間(費用換算:約3,333万円(注))、3年間で約1億円に相当する生産性が生み出されることになります。)
(注)従業員の1年間の就業日数250日、時給を2,000円として試算。
従業員一人あたり、1日20分間の業務効率向上 → 3年間で約1億円相当の生産性向上に(従業員200人の場合)

SSDの導入事例ムービーを見る

作業の効率を高めるマルチモニタ環境

マルチモニタ機能標準搭載のグラフィック及び、カスタムメイドで選択できるグラフィックスカードでマルチモニタ環境を構築可能。 これによりオフィスワークの効率化を提供いたします。

M.2フラッシュメモリディスク(NVMe)を512GBまで搭載可能 カスタムメイド

従来のフラッシュメモリディスク(SSD)よりも最大6倍高速なPCIe規格のM.2フラッシュメモリディスク(NVMe)を選択できます

キーボード操作でPC本体の電源ON

BIOS設定により、キーボードからの電源投入が可能。これによりキーボード操作するだけでWS本体の電源がONになるので、より楽な姿勢で電源を入れることが可能です。

『PC-ディスプレイ電源連動機能』採用で快適なオフィスワークを実現
【標準対応ディスプレイ】VL-17ESS、VL-17ESSP、VL-17CST、VL-17ESSA

ディスプレイの電源をONにすると、同時にWS本体の電源もONになる電源連動機能を搭載。
これにより、WS本体を離れた場所に置いた時、机上のディスプレイの電源を入れるだけでWS本体の電源もONになるのでより楽な体勢で電源を入れることが可能です。また、机上をより広く使え、快適なオフィスワークを実現します。

[ご注意]
オンライン見積もり・ご購入で表示される価格は、富士通株式会社が運営するオンラインショッピングサイト、WEB MARTで販売する場合の価格です。販売店、販売パートナーなどから購入を希望される場合には、そちらへお問い合わせください。また、キャンペーン価格が表示されているものについては、WEB MARTのみで適用されます。

関連リンク